PPDFファイルアイコン

PPDFファイル拡張子

Microsoft Rights Management PDF Protected Document Format

PPDFファイルとは何ですか?

PPDFは、一般的にMicrosoft Rights Management PDF Protected Document Formatファイルに関連付けられているファイル拡張子です。 PPDFファイルは、Windowsを実行しているデバイスで使用可能なソフトウェアアプリケーションによってサポートされています。 拡張子がPPDFのファイルは、テキストファイルファイルに分類されます。 テキストファイルサブセットは、418さまざまなファイル形式で構成されます。 PPDFのファイルを扱うための最も人気のあるプログラムは#お奨めの#ですが、ユーザーがこのファイル形式をサポート#1 NUMDIFFERENT番号の異なるプログラムの中から選ぶことができます。 Microsoft Rights Managementというソフトウェアは、Microsoft Corporationによって作成されました。ソフトウェアおよびPPDFファイルに関する詳細情報を見つけるには、開発者の公式Webサイトを確認してください。

PPDFファイル拡張子をサポートするプログラム

次のリストは、PPDF互換プログラムを特徴としています。 他のファイル形式と同様に、PPDF拡張子を持つファイルは、どのオペレーティングシステムでも見つけることができます。問題のファイルは、モバイルであれ固定であれ、他のデバイスに転送される場合がありますが、すべてのシステムがそのようなファイルを適切に処理できるわけではありません。

PPDFファイルを取り扱うプログラム

Updated: 09/27/2021

PPDFファイルを開くには?

特定のシステムでPPDFファイルを開くときに問題が発生する理由は複数あります。 幸いなことに、 PPDFファイルに関する最も一般的な問題は、ITの深い知識がなくても、最も重要なことには数分で解決できます。 以下は、ファイル関連の問題の特定と解決に役立つガイドラインのリストです。

ステップ1.Microsoft Rights Managementをダウンロードしてインストールします

Install software to open PPDF file ユーザーがPPDFファイルを開くことを妨げる主な最も頻繁な原因は、PPDFファイルを処理できるプログラムがユーザーのシステムにインストールされていないことです。 この問題は、Microsoft Rights ManagementまたはRMS sharingなどの互換性のある別のプログラムをダウンロードしてインストールすることで解決できます。 ページの上部には、サポートされているオペレーティングシステムに基づいてグループ化されたすべてのプログラムを含むリストがあります。 ソフトウェアをダウンロードする最もリスクのない方法の1つは、公式ディストリビューターが提供するリンクを使用することです。 Microsoft Rights ManagementWebサイトにアクセスして、インストーラーをダウンロードします。

ステップ2.Microsoft Rights Managementのバージョンを確認し、必要に応じて更新する

Update software that support file extension PPDFオープニングPPDFのファイルに問題がまださえMicrosoft Rights Managementをインストールした後に発生した場合、あなたがソフトウェアの古いバージョンを持っている可能性があります。開発者のWebサイトで、Microsoft Rights Managementの新しいバージョンが利用可能かどうかを確認してください。 ソフトウェア開発者は、製品の更新されたバージョンで最新のファイル形式のサポートを実装できます。 これは、PPDFファイルがMicrosoft Rights Managementと互換性がない理由の1つです。 Microsoft Rights Managementの最新バージョンは後方互換性があり、ソフトウェアの古いバージョンでサポートされているファイル形式を処理できます。

ステップ3.Microsoft Rights ManagementをPPDFファイルに割り当てる

Microsoft Rights Managementの最新バージョンがインストールされていて問題が解決しない場合は、デバイスでPPDFを管理するために使用するデフォルトプログラムとして選択してください。 ファイル形式をデフォルトのアプリケーションに関連付けるプロセスは、プラットフォームによって詳細が異なる場合がありますが、基本的な手順は非常に似ています。

Associate software with PPDF file on Windows

Windowsでデフォルトのアプリケーションを変更する

  • PPDFファイルを右クリックしてアクセスするファイルメニューからプログラムから開くエントリを選択します
  • 別のプログラムを選択その他のアプリを選択します
  • プロセスを終了するには、このPCで別のアプリを探すエントリを選択し、ファイルエクスプローラーを使用してMicrosoft Rights Managementインストールフォルダーを選択します。 常にこのアプリを使ってPPDFファイルを開くボックスをチェックし、OKボタンをクリックして確認します
Associate software with PPDF file on Mac

Mac OSでデフォルトのアプリケーションを変更する

  • PPDFファイルを右クリックして、「 情報」を選択します
  • [開く]セクションに進みます。閉じている場合は、タイトルをクリックして利用可能なオプションにアクセスします
  • リストから適切なプログラムを選択し、[ すべて変更... ]をクリックして確認します。
  • 前の手順に従った場合、次のメッセージが表示されます。この変更は、拡張子がPPDFのすべてのファイルに適用されます。次に、 進むボタンをクリックしてプロセスを完了します。

ステップ4.PPDFでエラーを確認します

ポイント1〜3にリストされている手順を厳密に実行しましたが、問題はまだ存在しますか?ファイルが適切なPPDFファイルかどうかを確認する必要があります。 ファイルにアクセスできないことは、さまざまな問題に関連している可能性があります。

Check PPDF file for viruses
1. 問題のPPDFがコンピューターウイルスに感染していないことを確認します

PPDFがウイルスに感染していることが判明した場合、これが原因でアクセスできなくなる可能性があります。 できるだけ早くウイルスとマルウェアのシステムをスキャンするか、オンラインのウイルス対策スキャナーを使用することをお勧めします。 PPDFファイルが実際に感染している場合は、以下の手順に従ってください。

2. ファイルが破損しているかどうかを確認します

別の人から問題のPPDFファイルを受け取りましたか?もう一度送信するよう依頼してください。 ファイルが誤ってコピーされ、データの整合性が失われた可能性があり、ファイルへのアクセスができなくなります。 インターネットからPPDF拡張子を持つファイルをダウンロードすると 、エラーが発生し、ファイルが不完全になる場合があります。ファイルをもう一度ダウンロードしてください。

3. アカウントに管理者権限があるかどうかを確認します

一部のファイルは、それらを開くために昇格されたアクセス権を必要とします。 現在のアカウントからログアウトし、十分なアクセス権限を持つアカウントにログインします。次に、Microsoft Rights Management PDF Protected Document Formatファイルを開きます。

4. システムがMicrosoft Rights Managementを処理できるかどうかを確認します

オペレーティングシステムは、PPDFファイルをサポートするアプリケーションを実行するのに十分な空きリソースを認識する場合があります。実行中のプログラムをすべて閉じて、PPDFファイルを開いてみてください。

5. オペレーティングシステムとドライバーの最新の更新があるかどうかを確認します。

最新のシステムとドライバーは、コンピューターをより安全にするだけでなく、 Microsoft Rights Management PDF Protected Document Formatファイルに関する問題を解決することもできます。 PPDFファイルが、いくつかのシステムバグに対処する更新されたソフトウェアで適切に動作する場合があります。

あなたは助けたいですか?

拡張子にPPDFを持つファイルに関する、さらに詳しい情報をお持ちでしたら、私たちのサービスにお知らせいただければ有難く存じます。こちらのリンク先にあるフォーム欄に、PPDFファイルに関する情報をご記入下さい。

トップファイル拡張子
さらに表示
今日のファイル拡張子
ino icon

INO

Inno Setup Script Format

INOファイル拡張子はInno Setup - Windowsアプリケーション用のインストールパッケージを作成するためのツール...