Mファイルを開くには?

Mファイルに関する基本情報

Mファイルは、開発用ファイルカテゴリーのファイルの一つです。そのフルネームはObjective-C Implementation Fileです。Mファイルの形式はAppleによって作成されました。あなたがこのサイトにたどり着いたということは、このファイル拡張子を取り扱うことのできるプログラムを探しているはずです。このページの下にMファイルを取り扱うことのできるプログラムのオペレーションシステムごとのリストがあるはずです。Mファイルの変換に関する情報がこのデータベースにある場合、ここで必ず見つかるはずです。
Mファイルの説明

Class implementation files are usually the one that comprises of the .M extension. Such files are adopted by the programs that have been written using the Objective-C programming language. The .M file format that are utilized by this language initializes functions and variables that can also be referred by several other files on the computer.

The .M extension is also utilized by several Mathematical applications. Here this .M extension is used for commands and function files. The Maple program also has been using the .M file format. While the .M extension is used by the Maple application, the files comprise of common binary files.

タグ: M拡張子、Mファイルをどうやって開くか、Mファイルをどうやって変換するか、Mファイルを開く

Mファイルを取り扱うプログラム

WINDOWS
Windowsシステム用のプログラム:
MAC OS
Mac OSシステム用のプログラム:
LINUX
Linuxシステム用のプログラム:
私たちが、Mファイルに関する問題の解決にお役に立てたことを願っております。もし、私たちのリストにあるアプリケーションのダウンロード方法がわからない場合は、(プログラム名のある)リンクをクリックしてください。そこから必要なアプリケーションの安全なバージョンをダウンロードできる、場所に関する情報を得られます。
このページを参照することにより、次の件もしくはそれに類似した疑問に対する答えを得ることができるでしょう:

  • 拡張子にMを持つファイルをどうやって開くか?
  • どうやってMファイルを別の形式に変換できるか?
  • ファイル拡張子Mとは何か?
  • Mファイルを取り扱うプログラムは?

  • このページにある資料を参照しても上記に掲げた疑問に対する答えを十分に見いだせない場合は、このサイトでのMファイルに関する情報は十分ではないということです。フォーム欄を利用して私たちにご連絡いただき、そこに見つけることのできなかった情報をご記入ください。

その他の原因として考えられることは?
あなたがMファイルを開くことができなかった根本的な原因は、(適切なアプリケーションがインストールされていないことの)他にもまだある可能性があります。
まず第一に - Mファイルを取り扱うプログラムとして、インストールされたプログラムが適切に関連付けられていない可能性があります。そのような場合は、手動で関連付けを行う必要があります。編集したいMファイルを右クリックし、メニューから"プログラムを指定して開く"を選び、インストールされたプログラムを一覧から選んで下さい。その後、Mファイルに関する問題は永久になくなるはずです。
第二に - 開きたいファイルが破損している可能性もあります。そのような場合、最良の解決法は、新しいバージョンのものを探すか、そのファイルを元の場所からもう一度ダウンロードしてみることです(以前のMファイルのダウンロードが何らかの理由により完了せず、そのファイルを正常に開くことができない可能性もある)。
拡張子にMを持つファイルに関する、さらに詳しい情報をお持ちでしたら、私たちのサービスにお知らせいただければ有難く存じます。こちらのリンク先にあるフォーム欄に、Mファイルに関する情報をご記入下さい。